【爆笑】おもろちゃんねる

おもしろい動画や画像をアップしていきます。

Twitter発。みんなの『個人的考え』は思いつかないことばかり!


この記事は私がまとめました

kapati8さん

■「サラリーマンの昼食」

何もわかってない。オレ達サラリーマンは美味しい牛丼を食べたくて松屋に行ってるわけじゃない。松屋で紅生姜と七味を大量にかけた安い牛丼を飲むようにして食べるエクスペリエンスを通して労働への憎しみを高めるからこそ、午後も戦うことができるんだ。

■「あの人はいつもあの色」

パーソナルカラー診断の先生に『似合ってない色を身につけると、人に色で覚えられてしまうんです。あのいつもオレンジの服の人ね〜、とか。似合っていれば、明るそうな人、で済みますから』と言われたのが強烈に印象に残っている。確かに周りにも『あの青のアイシャドウの人』と呼ばれてる人がいる‥。

■「モンスターペアレントへの意見」

「私はお金を払っているからクレームを言う権利がある」というモンスターペアレントに芸人さんが「学校いっこ建てれる大金払ってるんなら分かるよ。みんながちょっとづつ払ってできた公のものを使わせてもらってるという意識があったらそんなクレーム入れれんよ」と言ったのがとても的を得ている。

■「現代の絵、従来の絵」

絵の良し悪しや、好き嫌いを判断する時に『額縁に入れて(自分の)部屋に飾っておきたいかどうか』をひとつのポイントにしているのだけど、これはおそらくすこし古い発想なのだと思う。

現代では、多くの絵やイラストが、比較的小さいスマホのスクリーンを通して鑑賞される。その環境下で映える絵、というのは、従来の絵とは異なると思う。

おそらく写真も同じで、従来のように(大判に)プリントすることを前提とした写真と、小型ディスプレイで見ることを前提とした写真は異なると思う。例えば、HDRでエグい色に加工された写真は、後者に最適化されてるのではないだろうか。

■「趣味の共有は大切。」

嫁さんに鉄道模型捨てられて抜け殻になった夫の話とか、「30歳までに腐女子やめろ」って通告されたねほりんぱほりんの腐女子の人とか見てると、これからずっと一緒に生きていかなきゃいけない相手に、自分に好きなものがある事すら理解してもらえないの、結婚してる意味あるのかな…って考えてしまう

■「流行語の解釈」

女子高生の間で流行している「マジ卍」について、起源や意味がわからず専門家が苦悩している、というニュース、先日訳あって現役JK2名と2泊3日過ごしたんですが、特に決まったパターンはなく口を開けば「マジ卍」を連発していたので、私の中であれは「JKの鳴き声」という認識。

風呂上りにも関わらずカラコン入れてメイクもばっちりにしていたJKが、母親に「誰に見せるわけでもなし、なんでそんなことすんの?」と言われたとき「は?自分のためにやってるんだけど?」って答えててマジ卍だった。

一度ハマると口癖になるから何回も言っちゃうのかな…
しかも周りの人たちが笑ってくれるし。

■「恥ずかしさなんて感じている暇はない。」

40代50代でコミケ行くの恥ずかしくないの?とか言う人いるみたいだけど恥ずかしい恥ずかしくない以前の問題で私達はもう時間がないの。長く生きてあとせいぜい40年そこらなの。既に人生折り返してていつ人生終了するかわからないのに好きな事を躊躇う余裕なんてないのよ。

すごく後押しされる。

■「着物文化な日本で…」

デパートやSCの吊るし売りの安い浴衣に「あんなの浴衣じゃない」みたいなこと言ってる人いませんか?気持ちは分からんでもないですが、ンなこと言ってたら和服は早晩消滅します。どんな業界もそうですが、右も左も分からない新規参入者の迷いや暴走を「にわか」と蔑む環境に未来はありません。

初心者に対して詳しい人がマウントを取ると文化が薄れて行ってしまう…

-Uncategorized

×
コントロロック