【爆笑】おもろちゃんねる

おもしろい動画や画像をアップしていきます。

いつまで信じてた?クリスマス「子供とサンタ」の素敵なおもしろエピソード


この記事は私がまとめました

monet333さん

・クリスマスに子供が楽しみにしているサンタクロースからのプレゼント

クリスマス・イブに良い子のもとへプレゼントを持って訪れるサンタクロース

クリスマスといえば「サンタクロース」♪ 「子どものころは、サンタさんが来るのが楽しみだったなぁ」っていう人も多いと思います

・ツイッターではそうした「子供とサンタ」の素敵なエピソードがいろいろと親からツイートされています

▼子供たちのプレゼントのお願い

5歳児が「やっぱりサンタさんに妖怪ウォッチのメダルお願いすることにする」と言い出して嫁さんがリリース直前に仕様変更を告げられたプログラマみたいになってる

息子 『サンタさん 今年は2回来たいって言ってた』と本日もオモチャを要求

▼子供たちの素敵なお手紙

さっき、娘たちがサンタにプレゼントのお願いのお手紙を書いてたのを覗いてたら、上の子が漢字にふりがなふってたw サンタさん外国人だから漢字読めないでしょ?だって。律儀。

サンタさんへ。子供たちがニトリで買った999円の小さなツリーに気付いてくれるかとても心配してます。いろいろ大変な1年だったけど、今年も来てくれます様に。 pic.twitter.com/uvE5TqKAPn

甥っ子(12歳)、本年度のクリスマスプレゼント注文書です pic.twitter.com/unVnweLHxX

息子がサンタに手紙を書いたみたいで、なんじゃこれ...!? pic.twitter.com/Hxp89mSmNq

娘の部屋に入ったらいまさらですがサンタさんへの手紙を発見しました。大人になったら出世するタイプです pic.twitter.com/kM5U8xZMCY

サンタさんへの手紙 上から目線ver. (サンタ、ぜったいくれよな)って友だちかよ!置く場所まで指定かよ!てか、「ちかう」って手紙じゃなくて宣誓書か! pic.twitter.com/PTfwGJFBZP

娘2号がサンタさん宛に書いた手紙…プププ pic.twitter.com/MjrxkxNg

家族が寝静まった頃に帰宅。テーブルに息子がサンタ宛へ一生懸命書いたと思われるお手紙が置いてあった。
内容はもちろんプレゼントのこと…来シーズンの新ユニが欲しいからクリスマスには来ないで欲しいと…
「手があいてるときで…」の小1とは思えないサンタへの気遣いで父ちゃんクソ吹いた pic.twitter.com/qzv29ZPjtN

まだサンタさん信じてる弟(中1)が欲しいプレゼント決まらなくて今日書き上げたサンタさんへの手紙
ピュアだなぁ pic.twitter.com/P13bg1jdSd

サンタさんへの手紙。
読める様に窓に貼ってた。

「今日からいい子にしますから」

…って、ヲイwww

去年も「いい子にしますから」って書いてたな、そう言えば pic.twitter.com/DmAKpx7JdF

▼Siriもちゃんと答えてくれます

さっき長女がSiriに『サンタいますか』と聞いたら、『もちろんです。そんな事聞くなんて驚きました』って答えてくれた⭐︎
子供の夢を壊さないSiriの答えに感動(≧∀≦)#Siri#サンタ

ベッドに入ってからなかなか寝ない子ども達に「サンタさん来ないんじゃない?おうちに帰っちゃうかもよ」と言うと「じゃあ、今どこにいるか教えてよ」と騒ぐのでSiriに聞いてみました。そして慌てて寝ましたw pic.twitter.com/sg4yTl9YUL

▼サンタさん信じてます!

小5の息子が、学校で友達のサンタはお父さんだったという話を聞いて来たけど、「サンタは信じてる子供のところにしか来ないから、信じてない子はかわいそうだからお父さんが代わりにプレゼントをあげてるんだよ。お前は信じてるから本物のサンタが来てよかったな」と言ったらコロっと騙されてた。

子供の頃、クラスのみんながサンタの正体についてあれこれ言ってるときに、「まったく何をとんちんかんなことを!」と聞く耳も持たないほどその存在を信じていたのは、25日の朝は親たちの枕元にも同じようにプレゼントが置いてあって、パジャマのまま家族みんなで大喜びしてたからです。

「お前はサンタさんが枕元まで来ると思ってたの?」「うん」「ウチ煙突ないだろ」「あー」「だから入れないからプレゼントは玄関に置いてある」「ええっ⁉」「そのままにしておくより枕元がいいよな」「うん」「だから俺が運んだ。大抵の家はお父さんかお母さんがそうしてるはず」「そっかぁ‼」

サンタの存在を小4の兄は疑いだしたが、小2の弟に
「お兄ちゃん考えろ。お母さんがこんな高いおもちゃくれるはずないじゃないの!」
とあっさり論破されていた。

-Uncategorized

×
コントロロック